ホ・オポノポノの意味:2度修正する

ホ・オポノポノは、ハワイのスピリチュアルな体系から生まれました。現地のスピリチュアルな体系の歴史はそれ自体数百年前まで遡り、豊かな生活、健康、そして高い精神性といった文化的な体系に基づいています。どんな文化においても、人びとは意識的であれ無意識であれ過ちをおかしたり危害を加えたりする可能性を持っています。これが、ホ・オポノポノが存在する理由です。過ちは償われ、正されることができるのです。SITH (ホ・オポノポノの手法を通じたセルフ=アイ・デンティティ)が、どんなにシンプルか楽しんでください

ホ・オポノポノという言葉自体は、「 2度修正する」という意味を持っています。正にそのままの意味です。あなたの中の芯から現れて、外への接触を要求することなく内面から癒しを創り出す機会をもたらします。ホ・オポノポノの癒しの実行は、結果的に信じられないほど簡単です。

実行のルーツについて、ハワイ辞書はHoʻoponoponoを、「精神的な浄化:祈り、議論、告白、後悔、そしてお互いへの賠償と許しを通して関係が設定された家族会議」と定義しています。

ホ・オポノポノの主要な意味

「Ho'o」の直訳は、英語の「to」に値します。一方で、名詞「Pono」は以下のように定義されています:「良さ、実直さ、道徳、道徳の格、正しいまたは適切な工程、優秀さ、幸福、繁栄、福祉、利点、偽りのない条件または自然 、義務;モラル、適合、適切、公正で、正しさ、正義、純潔、フェア、有益、成功を収める、優先順序、正確さ、間違いのない、簡易化された、救われた;すべき、しなければならない、必ず、必要な。

「Pono Pono」は、単語の二度繰り返しで、以下のように定義されています:正しくさせる、優先順位をつけ形作る、間違いのない、改正する、調節する、修正する、規則づける、整頓する、矯正する、順番を整える。もしくは、二度修正する。

つまり、「Ho‘o」の作られた動詞形と「Pono Pono」の2度使いで、私たちは「ホ・オポノポノ」つまり「2度正す」るいは「2度修正する」をシンプルに使えるのです。たとえば、あなたの人生の関係における不愉快なことを一掃したりできるようになります。

ハワイのスピリチュアルシステムは、これよりより深いテクニックを追及し、豊かな知識と学習がその内面に存在します。これは簡単だという意味で、ほとんどの人にとっておそらく最もシンプルで使いやすいテクニックでしょう。また、純粋な人間関係の浄化を越えた方法でもあります。この手法はほんの数年前まで知られていませんでしたが、ヒュー・レン博士、Joe Vitale、そしてMabel Katzのような人々のおかげで広く知られるようになりました。
他にも、タッド・ジェームズ、デイビッド・シェファード、Kamaile Rafaelovichなどが、このテクニックや構成要素の師となる人々として名前を挙げるに値するでしょう。このSITH(Ho'oPonoPonoを通じたセルフ・アイデンティティ)として知られる最初の方法論を共有した人々は、モーナ・シメオナの元で学んでいます。彼女は本当に素晴らしい指導者です。彼女が平和と共にありますように。

ホ・オポノポノの手法を使う理由

純粋でシンプルな言葉は、あなたの関係、感情、気持ち、そして人生を非常に簡単に浄化できるからです。様々な点で禅の瞑想法や気づきの瞑想法と比較されます。達成できる生活の質については似たような結果をもたらしますが、手法は異なります。ホ・オポノポノは、そもそもの始まりから参加するNLPと共通の自分の世界の全てについて責任を持つことが必要とされます。しかし、一度責任を持てば、物事を自分の物として吸収する能力が身に付き、それ故解決策を創り出せるようになります。

これらの解決策は、ホ・オポノポノを実行する多くの人々に楽しまれた浄化とヒーリングに導きます。この工程に慣れてください。そうすることで、あなたの人生が素晴らしい方法で変わります。人生を変えるために、ホ・オポノポノをどのように適用できるか、見つけてください。